Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮パラ参加巡る南北会談開く 北「民族の地位高めた」

記事一覧 2018.02.27 13:57

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮は27日、軍事境界線がある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で北朝鮮の平昌冬季パラリンピック(3月9~18日)参加を巡る実務会談を開いた。

握手を交わす李氏(右)と黄氏(統一部提供)=27日、板門店(聯合ニュース)

 統一部によると、同部の李柱泰(イ・ジュテ)交流協力局長は「北側の代表団が参加し、五輪が一層豊かなになり、世界に平和と和合のメッセージを伝えることに大きく寄与した」と表明。北朝鮮・祖国平和統一委員会の黄忠誠(ファン・チュンソン)部長は「民族の地位を高める契機になった」と評価した。

 会談には韓国から李氏ら3人、北朝鮮から黄氏ら3人がそれぞれ出席した。

 北朝鮮選手団をはじめ、芸術団や応援団の訪問経路、便宜提供、芸術団の公演日程など詳細について議論する。

 南北は先月17日の次官級実務会談で、平昌パラリンピックに北朝鮮の選手団や芸術団、応援団など約150人を派遣することで合意している。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。