Go to Contents Go to Navigation

平昌五輪期間に500万人が開催地訪問 海外メディアも高評価

記事一覧 2018.03.05 16:09

【春川聯合ニュース】平昌冬季五輪の期間中(2月9~25日)、開催地の平昌、江陵、旌善を訪れた観光客の数が観戦客を含め500万人以上だったことが5日までに分かった。

国内外からの来場者で賑わう江陵オリンピックパーク(資料写真)=(聯合ニュース)

 開催地の観光客を分析した結果、競技の観戦をした人が141万2000人、文化行事など見学した人が54万8000人、祭りなど地域のイベントに参加した人が156万8000人で、合計で約500万7000人が開催地を訪れた。

 このうち国内からの観光客は全体の78%に当たる390万5000人だった。外国人観光客は110万2000人で、昨年2月に同地を訪れた外国人観光客の14倍に達した。

 五輪チケットの公式販売代理店での販売では、米国、日本、中国、カナダ、ドイツ、イタリアの順に多かった。冬季競技の選手層がうすい東南アジア地域からの観光客は相対的に低調だった。

 開催地別では氷上競技が行われた江陵が1日平均17万人、雪上競技が行われた平昌が約9万人、アルペン競技が行われた旌善が約3万人だった。

 特に、開会式前後の週末と旧正月(今年は2月16日)連休期間は35万人以上が競技を観戦したり、観光地を訪れたりした。

 また国内外からの観光客の大多数が競技観戦だけでなく、周辺地域の観光や文化行事への参加などを兼ねて旅行したことが分かった。

 国内からの観光客はチケット不足により、競技を観戦しなくてもK-POP公演をはじめとする多様な文化行事や地域の祭りなどに参加し、オリンピックパークを訪れたと分析された。

 外国人観光客は競技場周辺の観光地を訪れたが、東海や束草など開催地からやや離れた地域にある観光地にはあまり訪れなかったことが分かった。

 江原道の関係者は「五輪期間の訪問客数は単一の国際行事としては過去最大規模で、IOC(国際オリンピック委員会)や海外メディアなどからも絶賛されただけに、パラリンピック期間もレベルの高い文化行事や最高水準のグローバル観光サービスを続ける」と説明。「五輪以降も国内外からの観光客が道を訪れるよう、『ポストオリンピック』に備える」と話した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。