Go to Contents Go to Navigation

2月の輸入車登録が前月比5.4%減 ベンツが首位=韓国

記事一覧 2018.03.07 14:11

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会(KAIDA)が7日発表した資料によると、2月の輸入車の新規登録台数は1万9928台で前月比5.4%減少した。前年同月比では22.9%増加した。

メルセデス・ベンツの新型Eクラス(提供写真)=(聯合ニュース)

 KAIDAの関係者は「旧正月連休による営業日数減少で登録台数が1月より減った」と説明した。

 ブランド別の販売台数はメルセデス・ベンツが6192台で2カ月連続の1位となった。次いでBMW(6118台)、トヨタ自動車のトヨタ(1235台)、同社のレクサス(1020台)、ランドローバー(725台)、フォード(745台)などの順だった。

 ベストセラーモデルはBMW「320d」(1585台)。2位はメルセデス・ベンツ「GLC 220d 4MATIC」(902台)、3位はBMW「520d」(687台)だった。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。