Go to Contents Go to Navigation

韓国軍 長距離空対地ミサイル90発の追加導入契約を締結

記事一覧 2018.03.13 12:00

【ソウル聯合ニュース】韓国軍が、空軍戦闘機に搭載する長距離空対地ミサイル「タウルス」90発を追加で導入するための契約を結んだ。防衛事業庁の報道官は13日の国防部定例会見で、「2月末に契約が締結された」と関連報道を認めた。

標的に向かって飛行するタウルス(空軍提供)=(聯合ニュース)

 欧州製のタウルスは射程500キロ以上のミサイルで、標的を精密攻撃できる。韓国軍は北朝鮮の核・ミサイル脅威への抑止力を強化する目的で2013年にタウルス170発の導入契約を結び、順次配備している。16年にはさらに90発の購入を決め、契約締結を推進してきた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。