Go to Contents Go to Navigation

テニス鄭現 世界ランクでアジア勢トップへ=錦織抜く

記事一覧 2018.03.13 17:03

【ソウル聯合ニュース】テニスの全豪オープンで韓国勢初の四大大会4強入りを果たした鄭現(チョン・ヒョン、世界ランキング26位)は12日(現地時間)、米カリフォルニア州インディアンウェルズで行われたBNPパリバ・オープン男子シングルス3回戦でチェコのトマーシュ・ベルディハ(同15位)を2―0で下した。

鄭現=(AP=聯合ニュース)

 これにより16強に入った鄭は、男子プロテニス協会(ATP)のランキングポイント90点を確保し、来週の世界ランキングで韓国選手として過去最高の24位に上がることを確実にした。

 現在アジア勢でトップの錦織圭(25位)は今大会を体調不良で欠場したため、最新ランキングでは30位に後退する見通しだ。

 錦織は、世界ランキングでアジア男子歴代最高位の4位、四大大会でもアジア男子最高記録となる2014年の全米オープン準優勝という記録を持っている。

韓国勢初 テニス四大大会4強入り
韓国勢初の快挙に喜び爆発
全豪オープンで旋風起こし帰国
テニスの鄭現 母校訪問

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。