Go to Contents Go to Navigation

6カ国協議韓国代表が訪米 南北・米朝首脳会談の調整へ

記事一覧 2018.03.14 10:50

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮核問題を巡る6カ国協議の韓国首席代表を務める李度勲(イ・ドフン)外交部朝鮮半島平和交渉本部長が14日午前、南北首脳会談と米朝首脳会談の開催に向け協議するため、米国へ出発した。

仁川国際空港から米国へ出発する李本部長=14日、仁川(聯合ニュース)

 李氏は出発前、聯合ニュースの電話取材に「南北首脳会談と米朝首脳会談という重大な契機ができた。韓米の連携が大変重要であり、関係者と会って協議する」と述べた。実質的な話し合いをするという。

 米国務長官の交代が韓米間の意思疎通を難しくしないかとの問いには、「米国は常にシステムで動き、北や韓米関係を扱う人たちはそのまま残っているため、彼らと引き続き話せばいいと思われる」と答えた。李氏の訪米日程に国務長官交代の影響はないとした。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。