Go to Contents Go to Navigation

韓国首相とドミニカ大統領が会談 エネ分野など協議

記事一覧 2018.03.16 11:13

【サントドミンゴ聯合ニュース】カリブ海のドミニカ共和国を訪れている韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相が15日(現地時間)、首都サントドミンゴの大統領官邸でメディナ大統領と会談し、「エネルギーをはじめ、より多くの分野で韓国の経験と技術をドミニカ共和国と共有し、共に発展することを願う」と述べた。

李首相(左)とメディナ大統領=15日、サントドミンゴ(聯合ニュース)

 李氏はドミニカ共和国が進める電力の効率化事業や液化天然ガス(LNG)発電事業への韓国企業の参画を求め、メディナ氏も関心を示した。

 また、メディナ氏は朝鮮半島の安全保障状況について質問し、李氏は北朝鮮の非核化に向け、ドミニカ共和国の協力を要請した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。