Go to Contents Go to Navigation

主に利用するSNS ユーチューブがトップ=韓国調査

記事一覧 2018.03.17 10:00

【ソウル聯合ニュース】韓国で主に利用する交流サイト(SNS)を尋ねたところ、米グーグルの動画投稿サイト「ユーチューブ」、韓国インターネットサービス大手、NAVER(ネイバー)の「ネイバーブログ」、「フェイスブック」の順で多いことが分かった。

韓国で開かれたユーチューブのファンイベント(資料写真)=(聯合ニュース)

 市場調査会社のオープンサーベイはこのほど、今年1月に韓国の20代以上の男女500人を対象に行った調査の結果、主に利用するSNSはユーチューブが27.6%で最も多かったと明らかにした。

 ネイバーブログの利用率は17.0%、フェイスブックは15.6%だった。

 このほか、写真共有サイトの「インスタグラム」(14.8%)、グループコミュニケーションアプリ「BAND(バンド)」(11.2%)、「カカオストーリー」(9.6%)などが挙げられた。

 ユーチューブは前年同期の調査に比べ利用率が8.8ポイント増加し、調査対象のサービスの中で最も成長率が高かった。

 動画投稿サイトとして知られているユーチューブだが、自ら動画を制作するコンテンツクリエーターを中心とした利用者コミュニティーの構築、リアルタイムのチャット機能、「いいね!」を基盤としたコンテンツの配列などの機能により、SNSに分類されることが増えている。

 オープンサーベイは、カカオストーリーは利用率が前年比6.6ポイント減少した上、これまで主な利用層だった30~40代が離脱する現象が発生しており、今後も人気が下落する公算が大きいと予測した。

NAVER(資料写真)=(聯合ニュース)

 一方、主に使う検索エンジンでは韓国最大のポータルサイト、ネイバーが75.2%で圧倒的トップだった。

 グーグルの利用率は11.8%、DAUM(ダウム)は10.2%で、NATE(ネイト)は1.8%と集計された。

 各サイトで多く検索されるキーワードの類型は、ネイバーは「ライフスタイル・文化」が32.2%で最も多く、ダウムは「政治・経済・社会・国際」が33.3%で1位だった。グーグルは「IT・メディア」が33.9%で最多。

 検索品質の満足度評価では、グーグルが98.3%で最も高く、ネイバー(89.4%)、ダウム(88.2%)も満足度が高かった。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。