Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の態度「変わった」が53% 韓国世論調査

記事一覧 2018.03.16 13:42

【ソウル聯合ニュース】世論調査会社の韓国ギャラップが16日発表した北朝鮮の態度変化に関する調査結果によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使団が先週に相次いで訪朝、訪米した後、回答者の53%が北朝鮮は「変わった」と答えた。「変わっていない」は34%だった。

6日、鄭義溶氏(左)から文大統領の親書を受け取った金正恩氏=(青瓦台提供=聯合ニュース)

 調査は13~15日、全国の成人1003人を対象に実施された。

 特使団は5~6日に訪朝し、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談。4月末の南北首脳会談の開催で合意した。訪朝後の8日には特使団の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)と徐薫(ソ・フン)国家情報院長が米国を訪問してトランプ大統領と面会し、米朝対話の用意があることを表明する金委員長のメッセージを伝え、5月までの米朝首脳会談の開催が決まった。

 2014年2月の南北高官級会談後の調査では回答者の25%が、同年10月、韓国・仁川で開かれたアジア大会の閉会式に北朝鮮の高官代表団が出席した後は回答者の28%が北朝鮮の「態度が変わった」と答えていた。今年1月1日、平昌冬季五輪への参加や南北対話の意向を示した金委員長の「新年の辞」発表後も「態度が変わった」は28%だった。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。