Go to Contents Go to Navigation

テニス鄭現 アジア勢トップの世界ランク「光栄」=錦織気遣う

記事一覧 2018.03.16 16:02
フェデラーに雪辱ならず

【ソウル聯合ニュース】テニスのBNPパリバ・オープンは15日(米西部時間)、米カリフォルニア州インディアンウェルズで行われ、男子シングルス準々決勝で韓国の鄭現(チョン・ヒョン、世界ランキング26位)がロジャー・フェデラー(スイス、同1位)に0―2で敗れた。

テニスの鄭現 母校訪問
フェデラーと対戦する鄭現=15日、インディアンウェルズ(AP=聯合ニュース)
全豪オープンで旋風起こし帰国
韓国勢初 テニス四大大会4強入り

 21歳の鄭は1月の全豪オープンで韓国勢初の四大大会4強入りを果たし、準決勝でフェデラーと対戦したが足を痛め途中棄権した。雪辱は果たせなかったが、今大会で8強入りしたことで男子プロテニス協会(ATP)のランキングポイント180点を獲得し、来週の世界ランキングでアジア勢トップの23位まで順位を上げる見通しだ。

 現在、アジア勢でトップの日本の錦織圭(25位)は今大会を体調不良で欠場したため30位に後退するとみられる。

 鄭はフェデラーとの試合後、「アジアトップランカーというのは本当に光栄」とコメントする一方、「錦織のスキルは本当に優れており、世界的な選手だ。早く復帰するよう願っている」とライバルを気遣った。

 錦織は2015年に世界ランキングでアジア男子歴代最高位の4位に入った。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。