Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(3月19日)

記事一覧 2018.03.19 10:20

◇李元大統領への逮捕状請求是非 早ければきょう決定

 検察は早ければ19日中に、大統領在職中(2008~13年)の巨額の収賄などが疑われる李明博(イ・ミョンバク)元大統領に対する逮捕状を請求するかどうかを決定する見通しだ。文武一(ムン・ムイル)検事総長は一連の捜査を進めてきたソウル中央地検から16日に捜査結果の報告を受けた後、逮捕状の請求是非を検討している。検察内外には、李氏を検察に出頭させて取り調べた14日から1週間を超えず今週初めに決まるとの観測が広がっている。捜査チーム内では、元大統領という立場を考慮したとしても逮捕状を請求するのが原則に沿うものとの意見が強いようだ。

李明博氏(資料写真)=(聯合ニュース)

◇韓米日の安保担当高官 米で北非核化問題など協議

 韓国青瓦台(大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)とマクマスター米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)、日本の谷内正太郎国家安全保障局長が17、18の両日(現地時間)に米サンフランシスコで会合し、朝鮮半島の完全な非核化と南北、米朝首脳会談開催について協議した。青瓦台の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官が19日、「出席者は過去の失敗を繰り返さないことが重要との見解で一致し、この先の数週間、引き続き緊密に連携することにした」と説明した。別の青瓦台関係者はこの協議について、「主に韓米2国間で集中的な協議が行われ、(韓国大統領が派遣した)訪朝特使団の中国、日本、ロシアとの協議結果を共有した」と述べた。

◇主要10グループの上場会社 昨年の法人税が過去最大

 昨年は半導体を中心に企業の業績が好調で、主要10企業グループに所属する上場会社が収める2017会計年度の法人税は17兆5540億ウォン(約1兆7400億円)と過去最大を記録した。財閥情報専門サイトの財閥ドットコムが各社の決算報告書を分析した。一方で、これら企業の実質的な税負担率は20.6%と、前年に比べ0.8ポイント下がった。

◇平昌冬季パラ 10日間の熱戦に幕 

 障害者スポーツの冬の祭典、平昌冬季パラリンピックが18日夜、閉会式を行い、10日間の熱戦に幕を下ろした。1988年夏のソウル大会以来、韓国で30年ぶりに開かれたパラリンピックには、冬季では過去最多の49カ国・地域などから567人の選手が出場した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。