Go to Contents Go to Navigation

北京市と大気汚染改善へ協力 情報を随時共有=ソウル市

記事一覧 2018.03.19 14:31

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市と中国の北京市は19日、ソウル市庁舎で両都市の統合委員会の全体会議を開き、粒子状物質による大気汚染問題に共同で対応するための「ホットライン」を設置することで合意した。それぞれ連絡担当官を指定し、両都市の大気質に関する情報を随時共有する。

 同委員会はソウルと北京が経済、文化、教育、環境分野での協力を話し合う機関で、2年ごとに会議を開いている。

 両都市は、大気質改善に向けた共同研究団を設け、粒子状物質の低減に関する技術研究を行うことも取り決めた。

 会議には朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長と陳吉寧北京市長が出席。朴氏は「両都市の共通の関心事であり、最優先課題でもある大気質の分野で実質的な協力策が導き出された」と評価した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。