Go to Contents Go to Navigation

男子テニスの鄭現 世界ランク23位でアジア勢トップに

記事一覧 2018.03.19 14:58

【ソウル聯合ニュース】男子プロテニス協会(ATP)が19日に発表した世界ランキングで韓国の鄭現(チョン・ヒョン)が前回から3ランク上げ23位となり、日本の錦織圭を抜きアジア勢でトップとなった。前回、25位だった錦織は33位だった。

鄭現(資料写真)=(EPA=聯合ニュース)

 先ごろ行われたBNPパリバ・オープンで8強入りした鄭はATPのランキングポイント180点を獲得し、合計1727ポイントとなった。

 1位はスイスのロジャー・フェデラー。

 BNPパリバ・オープンの女子シングルスで優勝した日本の大坂なおみは前回の44位から22位に浮上し、アジア勢女子トップとなった。

 女子の1位はルーマニアのシモナ・ハレプで、韓国勢では147位のチャン・スジョンが最上位だった。

韓国勢初の快挙に喜び爆発
全豪オープンで旋風起こし帰国
テニスの鄭現 母校訪問
フェデラーに雪辱ならず

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。