Go to Contents Go to Navigation

韓国首相 ブラジルでモロッコ首相と会談

記事一覧 2018.03.19 15:58

【ブラジリア聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は18日(現地時間)、ブラジルの首都ブラジリアでのオトマニ・モロッコ首相との会談で、新興国の発展に韓国が協力できるのは光栄な責任と述べた上で「韓国の経験と技術を共有したい」との意向を示した。 

握手をかわす李首相(右)とオトマニ首相=(聯合ニュース)

 両首相は「第8回世界水フォーラム」に出席するためブラジリアを訪問した。

 李首相は会談で「モロッコと韓国は1962年に国交を樹立し、アフリカ諸国の中で韓国大使館を置いたのはモロッコが初めてだった」とし、モロッコが地理的条件など様々な面で重要であることを理解していると伝えた。

 オトマニ首相は「両国の政治的・外交的関係は発展したが、経済協力が少し足りない」と指摘した上で「モロッコは韓国の企業や投資家がさらに多く投資し、進出することを希望する」と述べた。 

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。