Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(3月20日)

記事一覧 2018.03.20 10:00

◇検察「李明博氏、大統領選前の12年間裏金作り」

 検察は19日に李明博(イ・ミョンバク)元大統領の逮捕状を請求した際、李氏が自動車部品メーカー「ダース」を利用して1994年1月から2006年3月までに339億ウォン(現在のレートで約34億円)の裏金をつくり、マネーロンダリング(資金洗浄)したと記載した。当局関係者の話で20日、分かった。この不正資金は選挙などの政治活動、車両の購入や自宅の管理費など個人的な使途に充てられたという。こうした事実が、李氏が当選した2007年大統領選の前や翌年の別の捜査で明るみになっていれば、当選は無効になっただろうと検察は結論づけた。

李明博氏(資料写真)=(聯合ニュース)

◇韓国芸術団の平壌公演へ 南北きょう実務接触

 韓国と北朝鮮は20日午前10時から軍事境界線がある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で、韓国芸術団の平壌公演を話し合う南北実務接触を行う。韓国は芸術団の音楽監督に内定した人気作曲家のユン・サン氏を首席代表とし、統一部の朴炯一(パク・ヒョンイル)局長、青瓦台(大統領府)統一秘書官室のパク・ジンウォン先任行政官が出席する。北朝鮮からは芸術団「三池淵管弦楽団」の玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長らが出席する。実務接触では訪朝する芸術団の規模や訪朝経路、公演内容、訪朝期間、安全問題などについて議論するとみられる。

◇韓国外相 EU理事会で朝鮮半島情勢など説明

 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は19日(現地時間)、欧州連合(EU)に招かれベルギー・ブリュッセルでのEU外相理事会の会合に出席し、南北、米朝首脳会談開催の推進など朝鮮半島を巡る最近の状況と韓国政府の立場を説明した。韓国外相がEU外相理事会に出席するのは初めて。この場には外相だけが出席して率直に意見を述べ合い、内密の話も交わされたとみられている。

◇文化・芸術界の性暴力 相談窓口運営に政府予算投入へ

 韓国の文化・芸術界にはびこるセクハラや性暴力を根絶するため、政府は20日午前に文在寅(ムン・ジェイン)大統領主宰の閣議で、相談窓口の運営と性暴力の実態調査に必要な経費として2018年度(1~12月)一般予備費から9億7200万ウォンを支出する案件を審議、決定する。相談窓口は文化体育観光部の所管で、今月12日から6月19日までの100日間運営される。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。