Go to Contents Go to Navigation

平昌の韓国料理展示・体験施設 10万人来場=五輪・パラ期間

記事一覧 2018.03.20 11:04

【世宗聯合ニュース】韓国農林畜産食品部と江原道は20日、北東部・江原道で開催された平昌冬季五輪(2月9~25日)・パラリンピック(3月9~18日)に合わせて現地で運営した「Kフード・プラザ」に延べ10万人が来場したと伝えた。

「Kフード・プラザ」で韓国料理作りを体験する外国人=(聯合ニュース)

 Kフード・プラザは韓国料理と食文化に接することができる展示・体験型の複合施設だ。五輪期間中の17日間は1日平均約5000人が、パラリンピックの10日間には同1700人程度が訪れた。

 また、外国人の来場者は延べ7000人を超えたという。

 農林畜産食品部はKフード・プラザの運営をきっかけに、平昌五輪・パラリンピックの主要参加国を対象に韓国料理を積極的にPRする計画だ。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。