Go to Contents Go to Navigation

17年の南北協力基金 約910億円支出=韓国

記事一覧 2018.03.20 11:37

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮との交流と経済協力の促進を目的とする韓国の南北協力基金は2017年に9178億ウォン(約910億円)を支出した。前年より875億ウォン多い。統一部が20日、明らかにした。

統一部(資料写真)=(聯合ニュース)

 政府は12~19日に南北交流協力推進協議会を開き、17年の南北協力基金の決算報告案などを書面審議した。

 17年の南北協力基金の収入は1兆1967億ウォンだった。9178億ウォンの支出のうち8470億ウォンが軽水炉事業推進に関する元利償還金に充てられ、684億ウォンがソウルと北朝鮮・元山をつなぐ鉄道、京元線の韓国区間復元などの事業費として用いられた。

 決算報告案は企画財政部に提出される。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。