Go to Contents Go to Navigation

韓国芸術団の平壌公演巡る南北実務協議が終了 共同報道文採択

記事一覧 2018.03.20 15:20

【ソウル聯合ニュース】韓国芸術団の平壌公演に向け、韓国と北朝鮮が20日午前10時から軍事境界線上にある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で開いた実務協議が午後1時45分すぎに終了した。韓国統一部の当局者が伝えた。

協議会場に入るユン・サン氏(右)と玄松月氏(統一部提供)=20日、ソウル(聯合ニュース)

 同当局者は「共同報道文が採択された」と明らかにした。韓国代表団がソウルに戻ってから記者会見で説明する予定という。

 韓国は芸術団の音楽監督に内定した人気作曲家のユン・サン氏を首席代表とし、統一部の朴炯一(パク・ヒョンイル)局長、青瓦台(大統領府)統一秘書官室のパク・ジンウォン先任行政官が協議に出席。北朝鮮からは芸術団「三池淵管弦楽団」の玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長が代表として出席した。

 南北は韓国芸術団による平壌公演の日時と場所、出演者と曲目、芸術団の訪朝経路などを話し合ったもようだ。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。