Go to Contents Go to Navigation

進展次第で南北・米の3カ国首脳会談も=文大統領

記事一覧 2018.03.21 11:35

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日、4月末の南北首脳会談と5月に開催見通しの米朝首脳会談について「進展状況によっては南北と米国の3カ国首脳会談につながる可能性もある」との見解を示した。青瓦台(大統領府)で開かれた南北首脳会談準備委員会の会合で述べた。

南北首脳会談準備委の会合で発言する文大統領(右端)=21日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領は南北、米朝首脳会談とその後に続く会談を通じ朝鮮半島の核問題と平和問題が完全に解決されなければならないと強調した。

 文大統領が3カ国首脳会談について言及したのは初めて。実現した場合は朝鮮半島問題解決の重大な転機になるとの見方が出ている。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。