Go to Contents Go to Navigation

大統領の改憲案発議 韓国国民6割が賛成=世論調査

記事一覧 2018.03.22 09:37

【ソウル聯合ニュース】韓国世論調査会社のリアルメーターが22日に発表した調査結果によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が国会に憲法改正案の発議を予定していることに対し、国民の59.6%が「国会の改憲への意志が弱く、改憲を速やかに進めなければならないため大統領の改憲案発議に賛成する」と回答した。一方、「改憲霧散の責任を野党に負わせようとする政略的な試みのため反対する」は28.7%だった。11.7%は「よく分からない」と答えた。

文大統領は近く改憲案を発議する予定だ。大統領府は国民に対し、改憲案の説明を始めた(コラージュ)=(聯合ニュース)

 調査は21日、全国の成人500人を対象に実施された。

 進歩(革新)系の支持層では賛成が84.7%に上り、反対は8.2%にとどまった。中道派も賛成が63.6%で、反対の26.1%を上回った。保守派では賛成の26.2%に対し、反対が63.7%に上った。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。