Go to Contents Go to Navigation

韓国の民間団体が5月訪朝 結核患者に治療薬 

記事一覧 2018.03.22 11:32

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の結核患者を支援する韓国の民間団体、ユージンベル財団の代表団が5月1日から3週間の予定で訪朝することが22日、財団関係者への取材で分かった。同財団は毎年春と秋に訪朝しているという。

2017年に財団が北朝鮮に送った治療薬(資料写真、財団提供)=(聯合ニュース)

 この関係者によると、財団は今月初めに、主要な抗結核薬2剤に耐性を持つ多剤耐性結核患者1500~2000人が半年服用できる量の治療薬などを船便で北朝鮮に送った。これらの物資は2月末に韓国統一部から搬出承認を受けた。

 財団の代表団は5月に訪朝すれば、財団が支援する12カ所の多剤耐性結核センターを回り、治療薬などを届ける計画だ。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。