Go to Contents Go to Navigation

文大統領 訪問先のベトナムで改憲への意思を改めて表明

記事一覧 2018.03.22 21:47

【ハノイ聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は国賓訪問中のベトナム・ハノイで懇談会を開き、現地在住の韓国人と交流した。

あいさつする文大統領=(聯合ニュース)

 文大統領はあいさつで、「韓国は現在、重大な転換点を控えており、それは巨大な水の流れを変える歴史的な瞬間になる」とした上で、「朝鮮半島の非核化と恒久的な平和、国の軸を新しくする改憲もしっかりと成し遂げる」と述べた。

 文大統領は憲法改正案を26日に国会に発議するとしており、あらためて実行する意思を表明したものと受け止められる。

 文大統領はまた最近の朝鮮半島情勢について、「数カ月前まで凍りついていた朝鮮半島に平和と和合の春が訪れつつある」とし、「もうすぐ南と北、米国と北の首脳が相次いで会うことになる。決して逃してはならない大切な機会」と強調した。 

 また韓国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の協力の必要性を強調し、韓国がASEANとの関係強化を図る「新南方政策」を推進していることに触れ、「その中でベトナムは最も重要な協力パートナー」と説明した。

文大統領がベトナム訪問

YNAOBJECT id="PYH20180322084600882" type="02"/>

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。