Go to Contents Go to Navigation

逮捕の李元大統領 検察きょうは取り調べせず

記事一覧 2018.03.23 08:59

【ソウル聯合ニュース】巨額の収賄や横領などの容疑で逮捕された李明博(イ・ミョンバク)元韓国大統領(76)について、検察の関係者は23日、「きょうは取り調べの計画はない」と述べた。検察は近く拘置所を訪れて李容疑者を取り調べることを検討中とされる。

逮捕され、拘置所に向かう李明博容疑者=23日、ソウル(聯合ニュース)

 逮捕状は22日夜遅くに出され、李容疑者は夜中にソウル東部拘置所で入所手続きをするなどし、睡眠をきちんと取れなかったとみられる。検察は李容疑者の年齢も配慮し、23日は取り調べをせず、十分に休ませる必要があると判断したようだ。

 検察が拘置所で取り調べを行う場合、今月14日に李容疑者をソウル中央地検で聴取し、逮捕状も執行した同地検の担当者が派遣される可能性が高い。

 ただ、李容疑者は逮捕状を発付するかどうかの裁判所の審査には出席せず、検察の捜査を「政治報復」と見なしており、自身に不利に働くこともある検察の取り調べ要求に一切応じない可能性があるという観測も一部で出ている。

 現在公判中の前大統領、朴槿恵(パク・クネ)被告の場合は、昨年3月31日に逮捕され、4月4日~12日に5回、拘置所で検察の取り調べを受けた。

李元大統領 聴取終え帰宅
拘置所に向かう李元大統領
李元大統領「国民におわび」
李元大統領 検察に出頭

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。