Go to Contents Go to Navigation

文大統領「両国の不幸な歴史に遺憾の意」 ベトナム国家主席に

記事一覧 2018.03.23 14:10

【ハノイ聯合ニュース】ベトナムを国賓として訪問している韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は23日、ハノイでチャン・ダイ・クアン国家主席と会談した。

共同記者会見を終えて握手する文大統領(左)とクアン国家主席=23日、ハノイ(聯合ニュース)

 会談に先立つ冒頭発言で、文大統領は「韓国とベトナムが模範的な協力関係を発展させている中、われわれの心に残っている両国間の不幸な歴史に対し遺憾の意を表する」と発言。その上で、「両国が未来志向的な協力を進めるため、ともに力を合わせていくことを希望する」と述べた。ベトナム戦争時の韓国軍による民間人虐殺に対し公に遺憾の意を示したもので、注目される。

 文大統領は昨年11月にベトナムで開かれた「ホーチミン―慶州世界文化エキスポ2017」に寄せたビデオメッセージで「韓国はベトナムに心の負い目がある」と述べたが、遺憾の意を表明したのは今回が初めてとなる。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。