Go to Contents Go to Navigation

南北首脳会談 文大統領任期中に数回開催の可能性=韓国統一相

記事一覧 2018.03.23 17:05

【鶏竜聯合ニュース】韓国統一部の趙明均(チョ・ミョンギュン)長官は23日、4月末に予定されている南北首脳会談が1日だけの開催になると予想されることに関連し、「今後、このような形で大統領の任期中に数回開催されるのではないか」との見方を示した。中部の忠清南道・鶏竜台で行われた将兵を対象とする特別講演で述べた。

趙明均長官(資料写真)=(聯合ニュース)

 趙氏は「まだ確定したわけではない」と慎重な姿勢を示しながらも、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の任期中に南北首脳会談が複数回開かれる可能性もありそうだと予想した。

 南北首脳会談の議題については「南北関係だけでなく究極的な目標である北の核問題と朝鮮半島非核化問題を解決する方向で進展ある結果が得られるよう準備を進めている」と説明した。

 北朝鮮が態度を変化させた背景に関しては、「(北朝鮮が)平昌冬季五輪に合わせ大勢の代表団を派遣したが、代表団に接する(韓国側の)姿を目の当たりにしながら、韓国に頼りつつ米国と問題を解決させることができると考えたようだ」との見方を示した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。