Go to Contents Go to Navigation

逮捕の李明博元大統領 拘置所で弁護団と戦略を協議

記事一覧 2018.03.23 20:50

【ソウル聯合ニュース】巨額の収賄や横領などの容疑で22日逮捕された韓国元大統領の李明博(イ・ミョンバク)容疑者は23日、午後2時から約1時間30分にわたり弁護団と面会した。法曹関係者が明らかにした。李容疑者が収監後、外部と接触したのは今回が初めて。

自宅を出て拘置所に移送される李明博容疑者=23日、ソウル(聯合ニュース)

 この席で李容疑者は検察に出頭し調査を十分に受け、その後も立場が変わった内容はないとし、検察が全く同じことを尋ねるのであれば、聴取には応じないと述べたという。

 ただ、検察がこれまで把握していなかった新たな容疑について捜査する場合は弁護人立ち会いの下で調査に応じるつもりだと説明した。

 李容疑者はあまり眠れなかったのか疲れた表情を見せ、口数も少なかったものの、今後の対応戦略に関しては積極的に意見を表明したという。

 弁護団に先立ち、李容疑者の家族が拘置所を訪れたが面会することができず、拘置所内で使用できる領置金を預けていったことが分かった。面会できなかった理由は分かっていないが、証拠隠滅につながる恐れがあると判断されたためとみられている。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。