Go to Contents Go to Navigation

独島内の人工造形物を調査へ 実効支配の根拠に=韓国博物館

記事一覧 2018.03.25 14:13

【鬱陵聯合ニュース】独島北西の鬱陵島にある独島博物館は25日、韓国が独島を実効支配する根拠となる資料を収集するため、独島内の人工造形物の全数調査をする方針を明らかにした。

「大韓民国最東端の地」と刻まれた独島内の標示石(資料写真)=(聯合ニュース)

 現在公式に把握されている独島内の人工造形物は標石や慰霊碑、記念碑など21基。博物館側はこれ以外にも造形物が多数存在するとみて調査を実施し、結果を基に領土史跡としての価値を研究する。調査の最終結果は10月25日の「独島の日」に合わせて公表する方針。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。