Go to Contents Go to Navigation

韓国の国際線旅客数 2月は前年比5.1%増=五輪効果で

記事一覧 2018.03.25 15:58

【ソウル聯合ニュース】平昌冬季五輪の開催などの影響で韓国の2月の国際線旅客数が前年同月に比べ5%以上増加した一方、国内線旅客数は減少したことが分かった。

利用客で混み合う仁川国際空港(資料写真)=(聯合ニュース)

 国土交通部が25日に発表した2月の航空旅客数は908万人で、前年同月比2.8%増加した。

 国際線旅客数は、平昌五輪や旧正月連休による訪韓外国人と韓国人の旅行需要の増加などで前年同月比5.1%増の686万人を記録した。

 路線別では、日本線(15.6%)と東南アジア線(11.6%)が2桁の伸びを示した。中国線は21.0%減少したが、減少幅は徐々に縮小している。

 一方、国内線旅客数は222万人で同3.7%減少した。国際・国内航空貨物は同1.2%減の32万5000トンだった。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。