Go to Contents Go to Navigation

19年度予算案の編成指針確定 若者の雇用など重点=韓国

記事一覧 2018.03.26 12:47

【世宗聯合ニュース】韓国政府は2019年度(1~12月)予算案について、就職難にあえぐ若者の雇用拡充などに重点を置き、従来の計画を上回る規模で編成する方針を固めた。文在寅(ムン・ジェイン)政権で2度目の編成となる予算案で財政の役割を強化し、雇用・所得主導の成長、革新成長をけん引するとともに、人口構成の変化や低成長など構造的要因に積極的に対応する。政府は26日、こうした内容を柱とする19年度予算案の編成指針を閣議決定した。

文在寅大統領は若者の雇用対策に力を入れている(コラージュ)=(聯合ニュース)

 昨年末に国会で成立した18年度の予算は428兆8000億ウォン(約41兆6000億円)で、17~21年の中期国家財政運用計画に基づく19年度の予算案規模は453兆3000億ウォンとなっている。だが、企画財政部の予算担当者は「国民が生活の質の改善を体感できるようにするため」として総支出の増加率を当初計画より引き上げる方針を示しており、19年度予算案は453兆3000億ウォンを上回る見通しだ。

 政府は19年度予算案で、人口構成の変化や低成長などに対処するため、若者の雇用拡充と少子高齢化への対応、革新成長、安心できる社会の実現、安全保障強化の4分野に重点的に投じる方針だ。

 若者の雇用拡充に向け就職・起業・教育・住居をパッケージで支援し、少子化に歯止めをかけるため既存事業をゼロベースで見直して効果が高い事業を中心に実施する。また、革新成長の基盤を構築し、ドローン(小型無人機)や自動運転車など革新をリードするビジネスを集中的に支援することで新たな市場と雇用を創出する。安心な社会の実現に向けては安全点検の徹底や危険な施設のデータベース化に予算を投じる方針だ。

 各官庁は確定した指針に基づき予算を編成し、5月25日までに予算要求書を企画財政部に提出する。同部は国民の意見もとりまとめて19年度予算案を編成し、9月2日までに国会に提出する計画だ。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。