Go to Contents Go to Navigation

哨戒艦撃沈事件から8年 韓国海軍が海上機動訓練実施

記事一覧 2018.03.26 11:51

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮による2010年の韓国海軍哨戒艦「天安」撃沈事件から8年となる26日、韓国海軍は朝鮮半島の東沖と南沖で海上機動訓練を実施した。

海軍が昨年実施した海上機動訓練(資料写真)=(聯合ニュース)

 軍当局によると、東沖を管轄する第1艦隊と南沖を管轄する第3艦隊の各司令部は同日午前、約10隻の艦艇や航空機を用いた訓練を開始した。事件が起きた黄海では第2艦隊司令部が訓練を実施する計画だったが、気象条件が悪く、取りやめになった。

 海軍は毎年、天安撃沈事件のあった3月26日ごろに朝鮮半島を取り巻く全海域で海上機動訓練を実施し、北朝鮮の挑発に応戦する意思を示してきた。

 ただ今年は、例年のような報道資料を出さなかった。朝鮮半島情勢が対話局面に転じたことを意識し、不必要に緊張を高めることを回避したとみられる。

 一方、第2艦隊司令部はこの日午前、天安撃沈事件の犠牲者を追悼する行事を開催。犠牲者の遺族や将兵らが参列した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。