Go to Contents Go to Navigation

韓米FTA改定交渉 反ダンピング調査の透明性強化へ

記事一覧 2018.03.26 15:17

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部は26日、韓米自由貿易協定(FTA)改定交渉が大筋で合意に至ったことと関連し、米国が韓国企業に対し、反ダンピング(不当廉売)関税を課す際の調査などで手続きの透明性や公正性を確保したとし、「われわれの側の関心分野だった貿易救済の分野で協定文の改定によって関心事項を反映した」と説明した。

会見を行う産業通商資源部の金鉉宗通商交渉本部長=26日、ソウル(聯合ニュース)

 同部の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)通商交渉本部長は同日、外交部庁舎で開いた会見で「両国が反ダンピングや(相手国政府からの補助金分に当たる)相殺関税の調査を透明かつ予測可能な形で進め、具体化しようという内容について拘束力を持つ条項で合意したことに意味がある」と強調した。

 また「調査の手続き上、透明性を高めるという大原則で合意した」とし、「実態調査の関連規定や詳細な(ダンピングマージン率の)算定内訳の公開など、輸出企業に恩恵をもたらす世界貿易機関(WTO)よりも進んだ条項に合意した」と説明した。 

 具体的な協定の文面は実務協議が続いているため、後日公開するという。

 金氏は米国の緊急輸入制限(セーフガード)など不当な輸入規制に対しては、今回の交渉とは別にWTOへの提訴など、多国間レベルでの努力を続けると伝えた。

 また「訴訟よりも交渉して結果を出すことが時間も節約することになり、効率的で効果的だと判断した」と述べた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。