Go to Contents Go to Navigation

文大統領 韓国が建設した中東初の原発完成式典に出席=「新しい歴史」

記事一覧 2018.03.26 19:50

【アブダビ聯合ニュース】アラブ首長国連邦(UAE)を訪問している韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、韓国企業がアブダビ首長国に建設したバラカ原発1号機の完成記念式典に出席し、「UAE初で中東初の原発ということで非常に大きな意味がある」と述べた。式典にはアブダビ首長国のムハンマド皇太子も同席した。

行事に出席した文大統領(右から2人目)とムハンマド皇太子=26日、バラカ(聯合ニュース)

 同原発は韓国が2009年に受注。今年末にも試験稼働を開始する。

 文大統領はバラカ原発について、「韓国が初めて輸出した原発」として、「砂漠や高温(地帯)など劣悪な環境にもかかわらず、海外原発建設の新しい歴史をつくっている」と強調。「ムハンマド皇太子も韓国の技術に全面的な信頼を示した」と明らかにした。

 また、「両国協力の新たな地平を切り開いている」とし、「両国の技術力と資本が結合したバラカの協力モデルは今後、様々な分野で一層豊富で深くなる」と期待を示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。