Go to Contents Go to Navigation

PM2.5の環境基準を強化 27日から米・日並みに=韓国

記事一覧 2018.03.26 19:34

【ソウル聯合ニュース】韓国の環境部は世界保健機関(WHO)が発がんのリスクを高めるとしている微小粒子状物質「PM2.5」の環境基準を米国や日本などの先進国レベルに強化し、27日から適用する方針だ。

粒子状物質によりかすんで見えるNソウルタワー=26日、ソウル(聯合ニュース)

 環境政策基本法施行令により、27日からはPM2.5の濃度が1立方メートル当たり1日平均50マイクログラムから35マイクログラム以下に、年平均25マイクログラムから15マイクログラム以下に設定される。

 粒子状物質の予報も強化された基準に合わせ、「良い」は1立方メートル当たり0~15マイクログラム、「普通」は同16~35マイクログラム、「悪い」は同36~75マイクログラム、「非常に悪い」は同76マイクログラム以上となる。

 現行の基準と比べ、「良い」は同じだが、「普通」と「悪い」の幅が狭くなる。そのため26日午前9時のソウルの場合、1立方メートル当たり88マイクログラムで、現在の基準では「悪い」だが、27日からは「非常に悪い」になる。

 新たな環境基準の導入を巡り、中国で発生した大気汚染の影響を受けているため、国内の基準を変えてもPM2.5が減るわけではなく、意味がないとの指摘も出ている。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。