Go to Contents Go to Navigation

韓国大統領府が北朝鮮要人の訪中認める 「誰かは確認されず」

記事一覧 2018.03.27 11:16

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の要人が乗ったとみられる列車が26日に中国・北京に到着し、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長など最高指導部メンバーが訪中した可能性が取り沙汰されていることについて、韓国青瓦台(大統領府)の高官は27日、記者団に対し、「北京でいま起きている状況を、あらゆる可能性を念頭に置いて注視している」と述べた。また、南北、米朝の首脳会談を控えている状況で中朝関係が改善されることは「前向きなシグナル」だとした。

北朝鮮の要人が訪中したとされる中、北京市内では厳重な警備がしかれている。通行が規制された釣魚台迎賓館前=27日、北京(聯合ニュース)

 同高官は「北の動きについてはすでに数日前に把握しており、これについて注視していた」とし、「実際に北京に誰が行っているのかについては、今のところ確認されていない」と伝えた。訪中した人物ははっきり分かっていないものの、北朝鮮の最高クラスの要人が訪中している事実を認めた発言と受け止められる。

 訪中した北朝鮮の要人を巡っては、金正恩氏や妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長、崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長が取り沙汰されている。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。