Go to Contents Go to Navigation

古宮・昌徳宮の「仁政殿」内部を一般公開 10月まで=韓国

記事一覧 2018.03.27 14:20

【ソウル聯合ニュース】韓国文化財庁は27日、朝鮮王朝時代の宮殿、昌徳宮の中心に位置する建物「仁政殿」の内部を4月から10月まで観覧できるようにすると発表した。

仁政殿(資料写真)=(聯合ニュース)

 昌徳宮はソウルの4大古宮の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録されている。仁政殿では王の即位式や婚礼、跡継ぎを立てる儀式、使臣との接見など国の公式行事が開かれた。

仁政殿の内部(文化財庁提供)=(聯合ニュース)

 内部観覧は毎週木、金、土曜日の午前10時半と11時、午後2時と2時半からの1日4回で、定員は各回30人。観覧無料で、現地で申し込める。雨天時は文化財保護のために観覧を中止する。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。