Go to Contents Go to Navigation

銀行の海外店舗 昨年は純利益23.9%増=韓国

記事一覧 2018.03.27 14:33

【ソウル聯合ニュース】韓国の銀行が海外店舗で計上する純利益が、昨年は大幅に増加した。利息収入による利益が増え、不良債権費用が減少したため。

韓国の主要銀行とロゴ、(上から)KB国民銀、新韓銀、KEBハナ銀、ウリィ銀=(聯合ニュース)

 金融監督院が27日発表した資料によると、韓国の銀行は昨年、39カ国・地域に置く185店で計8億700万ドル(約852億円)の純利益を計上した。これは国内銀行全体の純利益の7.7%に当たる。

 海外店舗の純利益は前年に比べ23.9%増加した。資産の増加などで利息収入による利益が2億2800万ドル増加し、不良債権費用が2億9700万ドル減少したため。

 国・地域別では中国や日本、インドネシアなどで純利益が増加し、香港とシンガポール、米国では減少した。

 韓国の銀行は昨年、9店の海外店舗を新設、2店を閉店し、前年比7店増となった。新設店舗のうち7店はアジアに設けられた。

 185店を設立形態別にみると、現地法人が52、支店が76、事務所が57だった。

 国・地域別ではベトナムが19店、中国が16店、インドが15店、ミャンマーが13店、香港が12店、日本とインドネシアが各8店などと、アジアが129店で全体の69.7%を占めた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。