Go to Contents Go to Navigation

グリーン成長支援国際機関の新議長 潘基文氏がソウルで就任会見

記事一覧 2018.03.27 15:56

【ソウル聯合ニュース】韓国の潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長が27日、ソウルに本部を置く国際機関「グローバル・グリーン成長研究所(GGGI)」の総会・理事会議長への就任に合わせ、ソウル市内のホテルで記者会見を行った。

会見する潘基文氏=27日、ソウル(聯合ニュース)

 GGGIは李明博(イ・ミョンバク)政権時の2010年、発展途上国のクリーンエネルギーなどを用いた低炭素・グリーン成長を後押しするため韓国主導で設立され、12年に国際機関として正式に発足した。潘氏は先月、GGGIの28加盟国の総意に基づき総会・理事会議長に選出された。

 潘氏は会見で、「加盟国が持続可能で包括的な開発に転換できるよう支援に取り組む」と述べた。特に韓国でも深刻になっている粒子状物質(PM)による大気汚染問題を取り上げ、「われわれが関心を持ち、政府機関と(解決に向け)努力する」と意欲を示した。

 また、国連事務総長を10年務めた経験を最大限に生かしたいとし、「(グリーン成長の問題は)安全保障や政治と違って全ての人が共感する問題であるため、より扱いやすいのではないかと思う。安保理(国連安全保障理事会)でのように争う必要もない」と述べた。

 一方、トランプ米大統領が地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」離脱を決めたことについて質問を受けると、「アプローチ法をもう少し見守る」としながらも、「世界で最も富裕で強い国のトップとして責任が足りない部分がある」と指摘。「トランプ大統領が考えを変えるよう期待する」と述べ、同氏に書簡を送ることを検討すると明らかにした。

 潘氏の議長の任期は2年(再任可能)で、民間理事としてGGGIの総会・理事会を主宰し、国連総会などの国際会議にGGGI代表として出席する。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。