Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏が北京で習主席と会談 「重要事案で意見交換」=北メディア

記事一覧 2018.03.28 09:47

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は28日、中国を訪問した金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が26日に北京の人民大会堂で習近平国家主席と会談したとしながら、「朝中(中朝)の両党、両国の最高領導(指導)者同志は、親善関係の発展と朝鮮半島情勢の管理問題をはじめ、重要な事案に対し深く意見を交わした」と伝えた。

金正恩委員長(左)と習近平国家主席=(新華社=聯合ニュース)

 金委員長は、習氏ら中国側と頻繁に会って友好を深め、戦略的な意思疎通と戦略戦術的な協力を強化し、両国の団結と協力を固めていく必要があると述べたという。

 また、中央通信は「金正恩同志はわが党と政府の名で、習近平同志が都合の良い時期に朝鮮民主主義人民共和国を公式訪問するよう招請し、招請は快く受諾された」と伝えた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。