Go to Contents Go to Navigation

韓国の1人当たりGNI 昨年は7.5%増=今年3万ドル超えか

記事一覧 2018.03.28 10:08

【ソウル聯合ニュース】韓国経済が昨年に3%台の成長を回復し、1人当たりの国民総所得(GNI)が3万ドル(約317万円)目前まで迫った。今年は先進国の基準と見なされる3万ドルに乗せる見通しだ。

1人当たりGNIが昨年は3万ドル目前に迫った=(聯合ニュースTV)

 韓国銀行(中央銀行)が28日発表した資料によると、昨年の1人当たりGNIは2万9745ドルで、前年の2万7681ドルに比べ7.5%増加した。増加率は2011年(9.6%)以来6年ぶりの高さだ。

 韓国は06年に1人当たりGNIが2万ドルを超えた。昨年は3年ぶりに実質国内総生産(GDP)成長率が3%台に盛り返し、ウォンが対ドルで年平均2.6%上昇したことで、ドル建ての国民所得が大きく増えた。今年は韓銀の予測通り3%台の成長を達成し、対ドルでのウォン急落がなければ、1人当たりGNIは3万ドルを突破するとみられる。

 1人当たりGNIは国民が国内外で得た総所得を人口で割ったもので、国民の生活レベルを把握するための指標として用いられる。

 一方、韓銀は昨年の実質GDP成長率(暫定値)を前年比3.1%と発表した。今年1月に発表した速報値と同じ。16年の成長率(確定値)は0.1ポイント上方修正して2.9%とした。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。