Go to Contents Go to Navigation

[韓流]韓国版「いま、会いにゆきます」 公開15日で200万人突破

記事一覧 2018.03.28 19:02

【ソウル聯合ニュース】俳優ソ・ジソブと女優ソン・イェジン主演の韓国映画「いま、会いにゆきます」の観客動員数が28日、200万人を突破した。配給会社のロッテエンターテインメントが発表した。

「いま、会いにゆきます」のワンシーン(ロッテエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)

 75億ウォン(約7億4000万円)が投じられた同作品は公開から15日目に200万人を突破し、損益分岐点を超えた。公開から15日での200万人突破は、韓国の恋愛映画で最もヒットし、411万人を動員した「建築学概論」(2012年)より2日早いという。

 市川拓司の同名小説を原作とする同作品は14日に公開されてから、観客動員数1位を走った。21日に公開された映画「パシフィック・リム:アップライジング」に1位を奪われたが、26日に再び1位に返り咲いた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。