Go to Contents Go to Navigation

13年ぶり平壌公演へ 韓国芸術団の先発隊出発

記事一覧 2018.03.29 11:04

【ソウル聯合ニュース】4月末の南北首脳会談を前に北朝鮮・平壌で行われる韓国芸術団の公演に合わせて派遣される訪朝団の先発隊が29日、出発した。

平壌で公演を行う11組のアーティスト。上段左からチョー・ヨンピル、イ・ソニ、チェ・ジニ、ユン・ドヒョン、カン・サネ、中段左からペク・チヨン、ジョンイン、少女時代のソヒョン、ALi、キム・グァンミン、下段はRed Velvet(資料写真)=(聯合ニュース)

 先発隊は公演会場で舞台の設営を行う技術スタッフら約70人で、ソウル・金浦国際空港からチャーター機で現地に向かった。

 芸術団(約160人)、テコンドー演武団(約30人)、公演スタッフ、報道陣、政府関係者ら本隊も31日に空路で平壌入りする。

 韓国外交当局は訪朝団のチャーター機利用について、北朝鮮に対する制裁を主導する米国と協議を終えたという。

 芸術団は4月1日に東平壌大劇場で単独公演を、同3日に柳京鄭周永体育館で北朝鮮の歌手、演奏者との合同公演を行う。

 歌手のチョー・ヨンピルさん、チェ・ジニさん、イ・ソニさん、ユン・ドヒョンさん、ペク・チヨンさん、ALi(アリ)さん、ジョンインさん、カン・サネさん、ガールズグループのRed Velvet(レッドベルベット)、少女時代のソヒョンさん、ピアニストのキム・グァンミンさんの11組が出演する。

 平壌で韓国アーティストによる公演が行われるのは2005年のチョーさんの単独コンサート以来13年ぶり。

 公演の司会はソヒョンさんが務める予定だ。ソヒョンさんは先月11日にソウル・国立劇場で行われた北朝鮮・三池淵管弦楽団の公演のフィナーレで、北朝鮮の歌手と共演した。

 テコンドー演武団は4月1日に単独公演を、翌2日に北朝鮮演武団との合同公演を行う。

 一行は合同公演終了後の3日夜に平壌・順安空港から帰国の途に着く。

2月にソウルで開かれた南北のテコンドー演武団による合同公演の様子(世界テコンドー連盟提供)=(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。