Go to Contents Go to Navigation

[韓流]チャン・グンソク主演ドラマの初回視聴率7% 滑り出し順調

記事一覧 2018.03.29 10:27

【ソウル聯合ニュース】視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、俳優チャン・グンソクが一人二役に挑み話題を呼んでいる韓国SBSの新ドラマ「スイッチ―世界を変えろ」(原題、水・木曜午後10時放送)の28日の初回視聴率は7.0%だった。同日放送の1部が7.0%、2部が7.9%。視聴率は水木ドラマの1位で、順調な滑り出しとなった。

ドラマのシーン(SBS提供)=(聯合ニュース)

 ドラマは天才詐欺師が検事となって合法と違法の境界を行き来しながら極悪詐欺師を捕まえる過程を描き、チャン・グンソクは天才詐欺師のサ・ドチャンと検事のペク・ジュンスを演じる。ジュンスが不慮の事故で昏睡(こんすい)状態に陥り、ハン・イェリ演じる女性検事のオ・ハラがジュンスにそっくりなドチャンを代役に立てる。

 放送後には、展開が速く愉快で気楽に見ることができたというレビューが視聴者から多く寄せられた。2016年放送の「テバク ~運命の瞬間(とき)~」以来、久しぶりにドラマ復帰したチャン・グンソクのそらとぼけた演技も目を引いた。また、チャン・グンソクとハン・イェリという新鮮な組み合わせへの期待もみられた。一方で、題材とシナリオがありきたりだと指摘する視聴者もいた。

チャン・グンソク 平昌五輪広報大使に
グンちゃん 新ドラマを紹介

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。