Go to Contents Go to Navigation

サッカー韓国代表DF金珍洙 負傷治療のため日本へ

記事一覧 2018.03.29 17:40

【ソウル聯合ニュース】北アイルランドとの国際親善試合(24日)で左ひざの靭帯(じんたい)を負傷し、全治6週間と診断されたサッカー韓国代表のDF金珍洙(キム・ジンス、全北現代)が、日本のリハビリ医の治療を受ける。

北アイルランド戦で負傷しチームドクターの診察を受ける金珍洙=(聯合ニュース)

 金のマネジメント会社は29日、「来月1日に日本に行き、主治医と具体的なリハビリ方法や日程を協議する予定だ」と伝えた。多数の有名選手を担当するスポーツドクターの原邦夫氏の治療を受け、帰国後リハビリを行う計画だ。

 日本で治療を行うのは、ワールドカップ(W杯)ロシア大会(6月14日~7月15日)への出場を視野に入れているからだ。

 マネジメント会社は「幸いにも内側の靭帯の損傷なのでリハビリ期間は長くなく、金選手のW杯出場への思いが強いことから回復は速いと予想している」と説明した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。