Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(3月30日)

記事一覧 2018.03.30 10:10

◇文大統領が中国高官と会談 中朝対話の結果共有へ

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日に青瓦台(大統領府)で、中国の習近平国家主席の特別代表として来韓した楊潔チ・共産党政治局員と会談する。南北首脳会談と米朝首脳会談を控える中、北朝鮮の非核化など朝鮮半島情勢に関し意見を交わす予定だ。今週初めに北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が中国・北京を訪れ習主席と会談しており、この会談で朝鮮半島問題を巡り両首脳が交わした対話の内容やその意味などを共有するとみられる。

楊氏(右)は文大統領に中朝首脳会談の結果を説明するとみられる(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

◇87年外交文書公開 北朝鮮が韓国との連邦制中立国を米に提案

 北朝鮮が1987年に、韓国との連邦制統一を経て中立国を創設するという提案を米ソ首脳会談に出席したソ連首脳を介して米国に密かに伝えていたことが、機密解除された同年の韓国の外交文書で分かった。外交部は30日、30年以上が経過した外交文書1420冊を国民に公開した。

◇止まらぬ日本の「独島挑発」 歪曲教育システム構築を強行

 日本政府は30日、「竹島」を「わが国固有の領土」と明記した、高校の次期学習指導要領を告示した。昨年の小中学校に続き、高校の学習指導要領も改定し、領土に関する歪曲(わいきょく)教育を一層強化する姿勢を打ち出した。日本は2008年から小中高校の学習指導要領・解説・教科書検定で、独島の領有権を主張する教育を強化している。

◇クムホタイヤ 中国企業に売却か会社更正法適用か

 経営難に陥っている韓国の大手タイヤメーカー、クムホタイヤに対する債権団の自律協約(経営再建に向けた共同管理)が30日で終了する。同社が法定管理(会社更正法に相当)適用を申請するか、中国の同業、青島双星(ダブルスター)に身売りするかの選択は、同社労働組合と債権団の決断にかかっている。クムホタイヤは5年間に及ぶワークアウト(財務構造改善)を経て、売却を試みるも白紙に戻り、約半年の自律協約下にあった。

◇幹細胞治療病院 UAE進出へ

 幹細胞治療を専門とするソウルJS病院がアラブ首長国連邦(UAE)に進出する見通しだ。同病院は30日、先ごろ文在寅大統領のUAE訪問に同行し、UAEの企業グループと、アブダビまたはドバイへの幹細胞治療の病院と研究センター設立に向けた覚書を交わしたと明らかにした。ソウルJS病院はサッカー韓国代表を2002年のワールドカップで4強に導いたヒディンク元監督のひざ関節炎の手術を担当したことで知られる。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。