Go to Contents Go to Navigation

自身の体験伝えた慰安婦被害者が死去 生存者29人に=韓国

記事一覧 2018.03.30 11:35

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者を支援する韓国の市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)は30日、被害者のアン・ジョムスンさんが死去したと伝えた。今年90歳だった。

2017年8月、慰安婦に関する行事に出席したアンさん=(聯合ニュース)

 アンさんは1941年に中国に連れて行かれ、45年まで慰安婦としての生活を強いられた。解放(終戦)後の46年に帰国し、92年からソウル郊外の京畿道・水原に暮らした。93年に慰安婦被害者として登録、2002年から本格的に自身の被害を証言する活動をしてきた。

 韓国政府に登録されている慰安婦被害者239人のうち、今年死去した被害者はアンさんが3人目で、存命者は29人に減った。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。