Go to Contents Go to Navigation

所得・消費に「満足」 60代以上の高齢者層が最低=韓国統計

記事一覧 2018.03.31 09:00

【ソウル聯合ニュース】所得生活の満足度は年齢層別で40代が最高だった一方、消費生活の満足度は20代が最も高いことが31日、韓国統計庁の資料で分かった。所得生活、消費生活ともに満足度が最も低かったのは60代以上の高齢者層だった。

 資料によると、19歳以上の国民のうち所得に満足とした比率は昨年が13.3%で、不満足とした比率は46.0%に達した。満足の比率は15年(11.4%)に比べやや上昇し、不満足の比率は同年(46.3%)よりわずかに低下した。

 所得に満足とした比率を年齢層別に見ると、40~49歳が16.8%で最も高く、30~39歳が14.7%、19~29歳が14.2%、50~59歳が13.2%で、60歳以上が9.2%と最も低かった。

 一方、19歳以上の国民のうち消費生活に満足とした比率は昨年15.4%で、2年前に比べ1.5ポイント上昇した。不満足の比率は37.4%で0.7ポイント低下した。

 消費生活に満足とした比率は19~29歳が18.4%で最高、40~49歳が17.9%、30~39歳が17.6%、50~59歳が14.1%で、60歳以上が10.7%と最も低かった。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。