Go to Contents Go to Navigation

首脳会談議題に非核化 北は異議唱えず=韓国「相当な進展」

記事一覧 2018.03.30 14:27

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の高官は30日、記者団に対し、南北閣僚級会談で採択した共同報道文に南北首脳会談の議題に関連する内容が盛り込まれなかったことについて、「(韓国側は)すでに朝鮮半島非核化や恒久的な平和定着、南北関係の大胆な進展という三つの議題を示しているが、北側は会談でまったく異議を唱えなかった」として、「これだけでも相当な進展」と説明した。

閣僚級会談で握手を交わす韓国統一部の趙明均(チョ・ミョンギュン)長官(左)と北朝鮮・祖国平和統一委員会の李善権(リ・ソングォン)委員長=29日、坡州(写真共同取材団=聯合ニュース)

 また、「議題について合意に至らなかったのは、北側の政治的な文化のため」と指摘し、「議題は指導者が決める問題で、実務レベルで議論する性格ではないとして合意できなかったということをはっきりしておきたい」と述べた。

 29日に開かれた閣僚級会談では首脳会談の日程や儀典、警護、報道に関連した実務協議の開催などを決めたが、共同報道文に議題の内容は盛り込まれなかった。このため、議題をめぐり意見の違いがあったとの見方も出ている。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。