Go to Contents Go to Navigation

中国宇宙施設の落下時刻 2時間早まる=韓国当局

記事一覧 2018.04.01 16:59

【ソウル聯合ニュース】韓国の科学技術情報通信部と韓国天文研究院によると、地球への落下が迫る中国の宇宙実験施設「天宮1号」は、韓国時間(日本時間同)の2日午前5時12分~同午後1時12分の間に地球の大気圏に再突入する。1日午前に発表した予定時刻より2時間ほど早まった。

中国の宇宙実験施設「天宮1号」=(聯合ニュース)

 大気圏突入の際、大気との摩擦でほとんどが燃え尽きるが、一部の破片が地上に落下する恐れがあるとされる。ただ、人に当たる可能性は極めて低いという。

 予想される落下地点は韓国や日本を含むアジアやアフリカなどを含む広大な帯状のエリア。具体的な地点は落下1~2時間前に判明するという。

 科学技術情報通信部は警戒レベルを引き上げ、韓国天文研究院と共に天宮1号の落下状況をモニタリングしている。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。