Go to Contents Go to Navigation

中国宇宙施設 午前9~10時に南大西洋に落下か=韓国当局

記事一覧 2018.04.02 09:13

【ソウル聯合ニュース】韓国の科学技術情報通信部は、地球への落下が迫る中国の宇宙実験施設「天宮1号」が韓国時間(日本時間同)の2日午前に韓国上空を通過すると予測し、この時間の外出や屋外での活動を控えるよう呼びかけた。

天宮1号の落下状況のモニタリング画面=(聯合ニュース)

 落下する残骸には皮膚や呼吸器を傷つける有毒化学物質が付着している可能性があるため、残骸と思われる物体を発見した際はすぐに消防署に通報しなければならない。

 天宮1号は早ければ午前9時10分ごろに落下する見通しだ。最終的な落下予想地点は南大西洋が有力だが、韓国や日本をはじめアジアやアフリカなどの広大な帯状のエリアが予想地域に含まれる。

 だが太陽の活動、地球の大気密度、大気運動などによって落下地点が変わる可能性もあり、科学技術情報通信部は警戒レベルを引き上げて落下状況をモニタリングしている。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。