Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子のモバイル決済 韓国加入者が1千万人超

記事一覧 2018.04.02 10:18

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子は2日、モバイル決済サービス「サムスンペイ」の韓国国内の加入者が3月に1000万人を突破したと発表した。サムスンペイは2015年8月にサービスを開始した。

加入者1000万人を記念し、サムスン電子は自社の最新機種を割り引くプロモーションを行う(サムスン電子提供)=(聯合ニュース)

 サムスンペイによる決済額はサービス開始2年で累計10兆ウォン(約1兆円)に達し、今年3月には累計18兆ウォンに上った。利用が加速していることが分かる。

 サムスンペイはサムスン電子の人工知能(AI)音声アシスタント「Bixby」を搭載し、音声で口座の照会や振り込みができる。サムスン電子は「ギャラクシーS」「ギャラクシーノート」のフラッグシップスマートフォン(スマホ)だけでなく、その下のグレードの「ギャラクシーA」「ギャラクシーJ」へと対応機種を拡大している。

サムスントップ 約1年ぶりに釈放
「ギャラクシーS9」公開
サムスン 新型QLEDテレビ公開
「ギャラクシー体験館」 各国にオープン

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。